葬儀で人生の区切りをしっかりとつけるために

人生最後のイベントは  確かな葬儀社に

区切りとして

葬儀は、家族や身近な人が亡くなったときに行われるものですが、様々な形があるので、その中から選んで取り行うことが出来るようになっています。
また、亡くなったあとではなく、生きている間にお世話になった人たちにお礼や感謝を伝えたいと、生前葬も人気があります。
生前葬は、一般の人から有名人まで、多くの人が行っている葬儀スタイルです。
亡くなったあとには何も伝えることが出来なくなってしまうので、生きているうちにと行っている人が増えています。
生前葬を亡くなる前の儀式としてではなく、人生の区切りとして行っている人もいます。
無宗教のお別れの会形式、宗教的な形式など、人によって違っています。

葬儀のあとには、遺品整理を行わなければなりません。
遺品整理は、故人が愛用していたものを、いるもの・いらないものと分けて片付けることです。
アパートに住んでいたのであれば、引き渡しが必要なので、早めの遺品整理が望まれます。
通常、遺族が行うのが一般的ですが、遠方でなかなか行けない、一人暮らしで片付けをしてくれる人がいないという場合は、葬儀社に依頼することも出来ます。

近年、葬儀の傾向として、あまり費用をかけないという人が増えています。
その一方で、最期の見送りを盛大に行いたいという人もいます。
葬儀は、家族の考え方や価値観、故人の意向によって全く違ってきます。
周りの行っているやり方を参考にしながらも、自分たちなりの葬儀を行っていくといいでしょう。

葬儀の前にすること

病気で亡くなることが予測できている場合もありますが、多くの場合突然大事な人が旅立ってしまうことがあります。悲しむ中で、喪主であれば葬儀の準備も行っていかなければなりません。

詳しく読む

葬儀の流れ

病院あるいは自宅で故人が亡くなったときに、まず葬儀社を呼びます。その後様々な手順を重ねながら、通夜・葬式・告別式といった儀式を行っていきます。その主な流れを説明します。

詳しく読む

生前予約

故人が自分自身で亡くなる前に、葬儀やお墓、遺産相続に関して決めることが出来るようになっています。これを生前予約といい、いま多くの人が終活の一環としてこの生前予約をしています。

詳しく読む

葬儀の種類

葬儀には、宗教によっても様々な種類や形があります。故人の所属していた宗教に合わせて行うことが理想的です。他には家族の意向を尊重して、どういった形で行っていくのかを決めなければなりません。

詳しく読む